読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「欲動TAKSU」のネタバレあらすじ結末

欲 動 TAKSUの紹介:2014年公開の日本映画。『歓待』などで女優やプロデューサーとして活躍する杉野希妃がメガホンを取り、心臓病を抱える夫とその妻が 人間の生死や男女の性愛のはざまで揺れ動く姿を描くドラマ。病を抱える夫の死の影におびえながら、夫の妹の出産に立ち会おうとバリへ旅した夫婦を通して、 生きることや性への欲望を映す。

 

映画「欲動TAKSU」のネタバレあらすじを結末まで解説しています。まだ映画を観ていない方は「欲動TAKSU」のネタバレあらすじに注意ください。

 

予告動画

欲動TAKSUの主な出演者

ユリ(三津谷葉子)、千紘(斎藤工)、ワヤン(コーネリオ・サニー)、九美(杉野希妃)、ルーク(トム・メス)、木村(高嶋宏行)、イキ(松崎颯)

欲動TAKSUのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①兄・千紘は国際結婚をした臨月の妹・九美のお産に立ち会うため、インドネシア・バリ島に行く。心臓に病を抱える千紘の命はそう長くなく、妻・ユリに離れろと言う。 ②ユリは千紘がいなくなった後の世界を想像しながら、地元の男性・ワヤンに身体を許すが、千紘の元に戻る。死の覚悟をした千紘とユリ。

【起】- 欲動TAKSUのあらすじ1

若い男・千紘(ちひろ)と女・ユリは夫婦です。2人は千紘の妹・九美のお産に立ち会うため、インドネシア・バリ島にやってきました。
2人を空港まで迎えに来てくれたのは、九美の夫・ルークです。ルークの運転する車に乗って、ユリと千紘は九美の待つ家に行きました。
家は2階建てのペンション風の建物で、現地では木造の風通しのよい建物が主流です。
家に着いたものの、千紘はすぐに板の間に寝転がりました。長時間の旅行で疲れたのです。
すぐ休んだので、夕飯時には千紘の体調もよくなっていました。夕飯の席で、4人はいろいろ語り合います。
というのも九美の結婚以来、兄・千紘と妹・九美は会っておらず、九美は結婚相手のルークをろくに自分の身内にも紹介していませんでした。千紘はルークにいろいろ質問します。
ルークはオランダ出身の白人です。バリ島に住み着いて風景を描き続けたオランダ人画家のアリー・スミットの影響でバリ島に住んでいました。ルークの家族はオランダにいます。
九美はルークとバリで出会い、結婚してバリ島に住んでいます。臨月で出産間近ですが、病院嫌いの九美は自宅での出産を望み、ベテランの助産師を手配していました。
千紘はかつてスキューバダイビングのインストラクターをしていましたが、今は病気で辞めています。そのスキューバダイビング時代に客として接したユリと親しくなり、結婚しました。ユリは看護師です。
看護師のユリがお産に立ち会ってくれたら心強いと、九美は言いました。ユリもそのつもりです。
会話は兄妹中心に、あちこち話題が飛びます。
オランダ料理はおいしいかという話題でユリは「味がない」と断言しました。なんでも、結婚の挨拶でオランダに行った折、ルークの両親が連れて行ってくれたのはチャイニーズレストランだそうです。
オランダで有名な料理はポテトとソーセージくらいで、しかも両方ともほとんど味がしないと九美は言いました。ルークも苦笑しながら認めます。
ユリと千紘の出会いを九美は詳しく聞きたがりますが、千紘は照れて言いません。
キューバ時代に溺れたユリを助けて、そのついでに千紘がユリの連絡先も聞いたと説明しますが、九美は「ナンパじゃん。兄さんは10代の頃からぶいぶいいわせてたもんね」とコメントします。
「そうなの?」とユリが千紘に聞き、千紘は誤魔化しました。

【承】- 欲動TAKSUのあらすじ2

食事の席で、意図して皆が話題にしないことがありました。それは、兄・千紘の病気のことです。
千紘は心臓病を患い、余命いくばくもない状態でした。スキューバダイビングのインストラクターを辞めたのも、病気が原因です。
自分の命がそう長くないことを、千紘は知っていました。
家の2階の部屋を割り当てられた千紘とユリは、食後に2階にあがりますが、夜更けに眠れないユリは1階に降りて、同じく起きていた九美と女同士の話をします。
九美も病院が嫌いな兄・千紘の性格を知っているので、仕方がないと思っていました。千紘の死が近いことを、ユリも受け入れようとします。
翌朝、ユリと千紘は観光案内をしてもらいます。千紘とルークはタマンのアユン寺院で水浴びをします。巻きスカートをつけて聖なる水に浸かった千紘は「冷たい」と言いました。
壁にある小さな壺から出てくる水に、順番に浴びる千紘ですが、この不老不死と呼ばれる水がどれほど自分に効果があるだろうと思います。
寺院では血を不浄とする習慣があり、生理中の人は立ち入ることができません。生理が近いユリは、入るのをやめました。
ユリ、千紘、九美、ルークは田園風景を眺め、音のする方へ行って赤装束で民族音楽を奏でる楽器隊を撮影する日本人カメラマン・木村に会います。
音楽を聞いている最中に千紘がぷいと席を立って散歩に行き、3人がお茶を飲んでいる頃に戻ってきました。
母からのぬか漬けを持ってきたと言う千紘は、妹・九美に「将来的に母の面倒を見る気はあるか」と聞きます。そのつもりではあると九美は答えますが、千紘は「俺がいなくなったら頼む」と言いました。
さらに千紘はユリに「お前の、人の死に慣れている感じが嫌だ」「日本に帰りたくない」と言い出しました。「もっと(俺の死に、俺がこういう発言をすることに)動揺しろよ」と訴える千紘に、たまらずユリはその場を去ります。
妹・九美は兄・千紘を罵りますが、千紘はルークにも「こんなわがままな日本人女と結婚していいのか」と八つ当たりしました。
ユリは千紘に責められましたが、仕方のないことでもありました。人の生死に携わる看護師のユリにとっては、夫といえど病人の千紘に淡々と接してきたので、責められても事実は変わりません。ただ夫に先立たれる妻としては、納得がいかない部分もあります。
ユリに追いついたルークは、諍いが今までも何度かあったことを聞きました。

【転】- 欲動TAKSUのあらすじ3

稲の道を通ったユリをカメラマンの木村が見かけ、声をかけます。気晴らしに飲みに行かないかと誘った木村は、自分は女に興味がない(ゲイだ)と告白し、ユリをクラブに連れて行きました。
クラブで木村は友人の男性・イキを紹介します。木村はイキと曲に合わせて踊り、日本人女性が好きな男性・ワヤンはユリに目をつけてさりげなく近寄ります。
ユリがクラブの奥の階段を上がると、木村とイキが交わっていました(ゲイだったのは本当)。ユリがその場を外そうとすると、追いかけて来たワヤンがユリを女性用トイレに連れ込んで、無理やり犯そうとし、ユリはビンタして立ち去ります。
そのまま夜遅くに帰宅したユリは、外のソファで寝ていました。朝になって起きて来た千紘は、ユリに「(俺たち)迷惑な夫婦だよね」と笑いかけられます。
千紘はユリに、聞いてもらいたい話があると言います。
まだユリと出会う前、千紘は海外で現地のバディ(相棒、スキューバは2人1組で潜る)と夜中に潜った際に、深い海の崖でパニックを起こしてバディにしがみついた過去がありました。それがもとでバディは死んでしまいます。
「そいつは俺のせいで死んだ。あの時みたいに、一番近くの人間を引きずりこむのが…(怖い)」「死にそうになったら俺、お前にしがみつくと思う。だから(死ぬ時は)独りがいい。お互い、独りがいいと思う」
初めて千紘がユリに明かした本音でした。それを聞いてユリは、自分がどう行動すればよいか悩みます。
木村とイキと共に闘鶏場に行ったユリは、鶏同士が戦闘することについて「人間は理性があってさまざまな欲望を抑えられるが、それも考えもの。本能に忠実な動物の方が理にかなっている」と言われました。
ワヤンに海へ誘われたユリは今度は拒まず、海へ行きます。ワヤンはユリの結婚指輪を取り上げると、小さい小屋でユリを押し倒しました。ユリも拒否せず、受け入れます。
その後さらに海の近くで身体を重ねたユリは、欲求に忠実になって男を求めますが、朝になると少しの空しさが残りました。
同じ頃、千紘は妹・九美に日本へ帰れと言われます。心臓の処方薬が切れるだろうから、いつまでもバリにいられないことも、九美は指摘しました。
千紘は「最期くらい決めさせてよ」と言い、「人は誰からも愛されなくなった時、本当の意味で消える」と付け足します。妹・九美は「じゃあ、私が生きている間は安心だね」と答え、千紘は心が軽くなるのを感じました。

【結】- 欲動TAKSUのあらすじ4

朝になりイキにコピ・ルアク(ジャコウネコの糞から採取される未消化のコーヒー豆で、高価で希少なもの)のコーヒーをサイフォンで淹れてもらったユリは、飲みながら「いなくなるってどんな感じなんだろ」と呟きます。
答えを望んだわけではありませんが、イキが「いなくなるのは、自然なことだよ」と答え、納得したユリは千紘に土産の豆を買うと、家に戻ります。
帰宅すると、九美が産気づいていました。土産を渡す間もなく、ユリは慌てて九美に駆け寄ります。
助産師とユリが九美に付き添うのを見ながら、千紘はおろおろと歩きまわっていましたが、やがて九美の頭と首を支えました。無事に赤ん坊は生まれます。
生まれた赤ん坊を抱いて「出産は苦しかったけど、こんな可愛い子が生まれる」と言う九美を見て、ユリは複雑な気持ちになりました。これから死ぬ千紘、新たに生まれた生命…。
ユリは千紘が寝ている2階へ行くと、千紘を求めます(子どもが欲しいと思い、性交しようとしたのだと思われる)。しかし自分のエゴに気づき、上半身裸になったもののそれ以上はできず(心臓病の千紘に負担をかけると思った)、ユリは泣きました。
起き上がった千紘は背後から抱き締めると、心臓に負担がかかるにもかかわらずユリと交わります(ユリは、ワヤンとの愛のないセックスよりも、千紘との愛のあるセックスの方がいいと思った)。
千紘とユリは一緒に眠りますが、その後、千紘は小さな発作を起こしました。すぐに発作はおさまりますが、千紘はユリにしがみつきます。
早朝の海辺を千紘とユリは歩きました。千紘は海に入り「ユリ、こっち来いよ」と何度も呼びかけますが、ユリはいつまでも岸で見守っているだけでした。
(千紘に本音を告げられて、ユリは夫・千紘がいなくなった時のシミュレーションも兼ねてワヤンとの性行為に及んだのではないか。
ところが劇的な変化があるわけでもなかった。九美のお産を見て、死にゆく千紘から新たな生命を欲しくて性行為に及ぼうとするが、それも自分だけのエゴだとユリは気づく。千紘はユリの思いを受け止め、性行為に及んだ。
ラストシーンは死の際に「しがみつきそうな千紘」が呼ぶが、ユリは行かないことで、自分は「千紘の死にひきずられない」「だから死の際に一緒にいても大丈夫」という意思表示をしたものと思われる…が、そこまで深い意図はないのかもしれない)